総合ページトップページ新着情報今日は何の日


オクショクの細道ブンカカラダシゴトマナビタビハヤリ

作って楽しい!クリスマス料理

2008年12月06日

クリスマス料理とシュトーレンのレシピ

今年はドイツの伝統料理シュトーレンで、一味違ったクリスマス料理を楽しんではいかがでしょうか。ドイツの家庭ではクリスマスの一カ月前からシュトーレンを手作りして楽しみます。シュトーレンは焼きあげてから時間がたつほど味が深まり美味しくなります。
ここではホームベーカリーを使ったシュトーレンのレシピを紹介します。
まずパンケースに強力粉260グラム、アーモンドプードル90グラム、シナモンパウダー5グラム、ナツメグパウダー少々、人肌に温めた牛乳100cc、卵1個、無塩バター100グラム、塩大3グラム、ラムレーズン40グラムを全て入れます。ドライイーストの投入口がない場合にはドライイーストも一緒に加えます。
「生地作りコース」をスタートさせます。途中ゴムベラで生地の位置を変えるとまとまりやすくなります。5分程経過したらドライフルーツと刻んだアーモンドホールを40グラムずつ投入します。
生地が出来たら3等分に丸め直し、ぬれ布巾を被せて15分休ませます。次に麺棒で生地を伸ばし、折って伸ばすことを繰り返して20センチ×25センチの長方形にします。
生地を三つ折りにしてオーブンシートを敷いた天板に載せ、ラップをかけて35度くらいの場所で90分間発酵させます。生地が2倍程度に膨らんだら180度に予熱したオーブンで25分間焼きます。途中表面がこげそうになったらアルミホイルを被せます。
焼き上げったら網の上に移して、溶かしバター40グラムを刷毛などでたっぷりと染み込ませます。粗熱がとれたら粉砂糖をたっぷりまぶして出来上がりです。
posted by クリスマス料理レシプ 記録の細道 at 01:00| Comment(0) | クリスマス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

詰め物入りローストチキンのレシピ

クリスマス料理といえばやはりチキンです。中でもローストチキンはクリスマス料理の定番です。
チキンのお腹に詰め物をしたローストチキンは手間がかかりますが、コツさえつかめば家庭で美味しく作ることができます。
ここでは本格的な詰め物入りローストチキンのレシピを紹介します。
chickn.jpg

チキンは大人4人分で2キロを目安に準備します。
チキンの頭と内臓をとり外側も内側も流水でよく洗います。
臭みをとるためにコショウやハーブを入れた塩水に一晩漬けておきます。
チキンの皮にフォークで穴をあけておきます。
腹の中と外側には塩をこすりつけておきます。
次に腹に詰め物を入れます。
詰め物を入れたら皮を引っ張って閉じ、タコ糸で縫い合わせるか竹串で止めます。
天板に油を引いてチキンの腹を上にして置き、油をチキン全体に塗ります。白ワインを回しかけ、200度に温めたオーブンで50分くらい焼きます。
その際鶏の首や香味野菜を一緒に入れると美味しい汁が出て味が深まります。
10分おきに周りに落ちる焼き汁をチキンにかけ、竹串を刺してにじみ出る汁が透明になったら出来上がりです。

天板に残った煮汁はチキンやハーブの美味しいエキスが含まれているため、上澄みだけを捨てて残りの汁は調味してソースに利用するとよいでしょう。
詰め物はバターライスやもち米でもよいですが、ハーブや玉ねぎだけでも十分美味しく出来ます。
チキンのエキスがしみ込んだ詰め物は、面倒な手間を忘れさせるほど絶妙な味わいです。



お取り寄せはぐるなび食市場で!

posted by クリスマス料理レシプ 記録の細道 at 12:19| Comment(0) | クリスマス料理と詰め物入りローストチキン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマス料理とラム肉のレシピ

クリスマス料理といえばチキンが定番ですが、毎年同じチキン料理ではつまらないものです。そこで今年は少し気分を変えてラム肉の料理に挑戦してはどうでしょうか。
ラム肉は柔らかくて栄養が豊富な食肉ですが、日本の家庭では普段の食卓にのぼる機会が少なく、食べ慣れていない人が多いのが実情です。唯一日本では北海道のジンギスカン鍋がラム肉料理として広く知られています。
世界をみればラム肉は牛肉や豚肉より多く食べられ、高級肉として親しまれています。そんなラム肉がクリスマス料理として登場したら、家族はきっと驚くでしょう。
しかし、食べ慣れていないラム肉だけに、いざ調理しようとレシピを見ても戸惑ってしまいがちです。そこで簡単に出来るラム肉のソース焼きのレシピを紹介します。
まず骨付きのラム肉を4人分で12本用意します。ラム肉の両面に塩コショウを適量まぶし、ローズマリー4枝を水洗いしてよく拭き取っておきます。フライパンにオリーブ油適量とローズマリーを入れて中火にかけ、香りが出てきたらローズマリーをいったん取り出します。次にラム肉を入れ、両面に焼き色がつくまで焼きます。そこへケチャップ大2、しょうゆ小2、ウスターソース大2、赤ワイン大3を加え、蓋をしてラム肉に絡めます。とろみがつくまで炒めたら器に盛り、ローズマリーを添えて完成です。
骨付き肉を使うだけでもクリスマスムードが高まりますが、さらにラム肉となれば華やかなテーブルになるでしょう。

国産食材の「こっくさん.com」

posted by クリスマス料理レシプ 記録の細道 at 01:00| Comment(0) | クリスマス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

クリスマス料理とパネトーネのレシピ

イタリアの伝統的なクリスマス料理にパネトーネがあります。イタリアではクリスマスの4週間ほど前から家庭でパネトーネを手作りし、親戚や友人へ配ります。パネトーネとはパネトーネ種の酵母で生地を発酵させ、レーズンやプラム、オレンジピールなどのドライフルーツを刻んで混ぜ込んだドーム型の菓子パンです。甘くてやわらかく、独特の味わいと歯ざわりが特徴です。
クリスマス料理がなかなか決まらない人は、パネトーネでイタリアのクリスマスを味わってみてはどうでしょうか。
さまざまなレシピがありますが、ここではカップ入りのパネトーネ2個分のレシピを紹介します。
まず強力粉250グラム、グラニュー糖50グラム、ドライイースト8グラム、塩小さじ2分の1を全て合わせてふるいにかけてボウルに入れます。卵2個割りほぐし、ボウルに加えて15分ほどこねます。そして無塩バター50グラムを少しずつ加えて練りこみます。生地をひとまとめにしてラップで包み、室温35度位の場所で40分程おいて発酵させます。膨らんだ生地を手で軽く押さえてガス抜きをし、レーズン40グラム、ドレンチェリー40グラム、クリスタルアンゼリカ25グラムを細かくきざんで混ぜ合わせます。ナイフで2等分してそれぞれぬれ布巾をかけ、10分ほど生地を休ませます。生地を丸め直して型に入れ、再び35度位の場所で30分置いて発酵させます。そして160度に温めたオーブンで30分程焼いて出来上がりです。十分に冷ましてから、粉砂糖をかけたり生クリームを添えたりなどのデコレーションをしてもよいでしょう。

北海道の産直品をお取り寄せ
posted by クリスマス料理レシプ 記録の細道 at 01:00| Comment(0) | クリスマス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

クリスマス料理とガトーショコラのレシピ

チョコレートケーキはクリスマスケーキの定番です。チョコレート色のスポンジには真白いクリームやシュガーが生え、クリスマスらしさが溢れます。中でもガトーショコラは甘さとほろ苦さのバランスが絶妙で、大人のクリスマスによく似合います。
ガトーショコラとはフランスのチョコレートケーキで、サクッとした表面としっとりした中身が特徴の焼きっぱなしのケーキです。生クリームなどのデコレーションの手間が少ないため、料理が苦手な人でも手作りしやすいケーキです。クリスマス料理のひとつとしてガトーショコラを手作りし、大人のクリスマスを楽しみましょう。
ここでは18センチのスポンジ型一台分のレシピを紹介します。
まず製菓用のクーベルチュールチョコレート140グラムを湯線にかけて溶かします。そこへ柔らかくした無塩バター100グラムを加えます。さらに卵黄2個分と全卵1個を加えてミキサーで混ぜます。別のボウルに卵白二個分を泡立てながら、グラニュー糖70グラムを少しずつ加え、角が立つまで泡立ててメレンゲを作ります。チョコレートの入ったボウルにメレンゲを3分の1加えてよく混ぜ合わせます。そこへ薄力粉50グラムをふるい入れてさっくり混ぜ合わせます。さらに残りのメレンゲを加えて混ぜ合わせ、予めバターを塗りクッキングシートを敷いておいた型に流しいれます。170度に余熱したオーブンで40分焼きあげて完成です。仕上げに粉砂糖や生クリーム、アイスクリーム、さらにミントやベリーでデコレーションするといっそうクリスマスらしくなるでしょう。
posted by クリスマス料理レシプ 記録の細道 at 03:00| Comment(0) | クリスマス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

クリスマス料理と簡単ケーキのレシピ

クリスマス料理を手作りしたいが、家事や仕事で忙しくて手作りする時間がないという人は多いでしょう。またオーブンがないとか、料理が苦手という人も多くいます。

96694chr.jpg

そのような人はまずケーキから手作りすることをお勧めします。オーソドックスなケーキなら、スポンジさえ出来ていれば生クリームや小道具をのせるだけです。そこで市販のスポンジケーキやロールケーキを使用する方法があります。市販のスポンジケーキに生クリームを飾り、クリスマスカラーの小道具を飾るだけでも立派なクリスマスケーキが出来上がります。また生クリームをチョコレートクリームに変えて市販のロールケーキに飾れば、ブッシュドノエルのようなクリスマスらしいケーキになります。
また簡単にスポンジケーキを手作りする方法に、ホットケーキミックスを使う方法があります。基本的なレシピは、まず室温に戻したバターにホットケーキミックス200グラム、溶き卵2個分を少しずつ加えてよく混ぜ合わせます。そして型に流し込み170度に温めたオーブンで40分焼きます。十分冷ましてから生クリームでデコレーションをして完成です。ホットケーキミックスにココアパウダーを加えるとココアスポンジケーキになります。またブランデーやラム酒を加えると大人っぽい風味のケーキになります。
クリスマスケーキのデコレーションは大人だけならシンプルに、子どもがいるなら土台いっぱいにデコレーションをして、賑やかな雰囲気を出すのが成功のポイントです。



posted by クリスマス料理レシプ 記録の細道 at 08:43| Comment(0) | クリスマス料理と簡単ケーキのレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマス料理とチーズフォンデュのレシピ

家族で迎えるクリスマスにはチーズフォンデュがお勧めです。
チーズフォンデュはもともとチーズの国、スイスの代表的な家庭料理です。1種類から2種類のチーズをワインや香辛料を加えて溶かし、パンや野菜を絡めて食べる料理です。かつて日本ではレストランなどで食べることの多かったチーズフォンデュは、今や家庭で気軽に楽しめる料理となっています。
ここでは伝統的なチーズフォンデュの作り方を紹介します。
エメンタールチーズ150グラムとグリュイエールチーズを4人分で150グラムずつ用意します。チーズをそれぞれ細かくきざみ、コーンスターチか片栗粉大1をまぶしておきます。フランスパンは2センチ角に、好みの野菜とソーセージは食べやすい大きさに切り、野菜はあらかじめ茹でておきます。フォンデュ鍋かテフロン加工の鍋を用意し、内側ににんにくの切り口をこすりつけて火にかけます。
鍋に牛乳を100cc入れて温め、温まったら弱火にしてチーズの半量を入れて木べらでかき混ぜながら溶かします。チーズが溶けたら残りの牛乳とチーズを入れて同様にチーズを溶かし、塩コショウで調味します。いただく時には長いフォークに具を刺して、鍋のチーズを絡めていただきます。
チーズの準備が面倒な人には市販のチーズフォンデュミックスを使うレシピもあります。また、チーズは加熱しすぎると焦げ付きやすいため、弱火でよくかき混ぜることが大切です。家族で囲むチーズフォンデュは、心温まるクリスマスの思い出となるでしょう。
posted by クリスマス料理レシプ 記録の細道 at 01:00| Comment(0) | クリスマス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

クリスマス料理とパエリアのレシピ

大勢集まるクリスマスパーティーでは料理の準備が大変です。できるだけ一度にたくさんできて、見栄えのする華やかな料理であることが望まれます。そこでクリスマスパーティーにぴったりな料理としてパエリアがお勧めです。
パエリアはもともとスペインの米料理で、魚介や野菜などたっぷりの具を米とともに炊き上げた鍋料理です。最近では日本でもパーティーやバーベキューなどで気軽に作って楽しむようになっています。
クリスマスのパエリアでは具材にクリスマスカラーを取り入れて、クリスマスムードの盛り上げ役になってもらいましょう。
ここでは魚介類の代わりに野菜をたっぷり使ったカラフルなパエリアのレシピを紹介します。
まず、ハム50グラム、鶏肉100グラムは一口大に切り、ブロッコリー100グラムは子房に分けて軽く塩ゆでします。にんじん50グラム、黄色いパプリカ少々は星形でくり抜き、赤いパプリカ少々は細長くきります。フライパンにオリーブオイルを入れて、玉ねぎのみじん切り100グラム、米2カップ、ハム、鶏肉を加えて炒めます。しょうゆ大3と熱湯480ミリリットルを加え、ブロッコリー、パプリカ、にんじんを並べて、ふたをし、煮汁がなくなるまで15分ほど煮ます。最後にブロッコリーをツリーの形に並べて10分ほど蒸らして完成です。出すときはフライパンのままだし、各自で取り分けていただきます。
フライパンのまま登場するパエリアはきっと皆の視線を集め、子ども達も大喜びするに違いありません。


posted by クリスマス料理レシプ 記録の細道 at 01:00| Comment(0) | クリスマス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

クリスマス料理とグラタンのレシピ

クリスマス料理にはアツアツのグラタンがお勧めです。グラタンは具やソースの組み合わせ次第でさまざまな味わいが楽しめます。家庭の食卓でもマカロニグラタンやポテトグラタン、ミートグラタンなどは定番で、大人にも子供にも人気がある洋食メニューです。寒さが深まってくるクリスマスの夜にアツアツのグラタン料理を食べれば、身も心も温まりいっそうクリスマスが盛り上がることでしょう。
そこでここでは普段より少し手をかけて、魚介類とトマトを煮込んでグラタンにしたシーフードラグーのグラタンのレシピを紹介します。材料は4人分で示しています。
まず、いか1杯の皮をはぎ、えび8尾の背ワタと殻を取り、ほたての貝柱6個は適当な大きさに切ります。それらをフードプロセッサーにかけてミンチ状にします。
鍋ににんにく1片のみじん切りとオリーブオイル適量を入れて弱火にかけ、香りが出てきたらミンチ状にした魚介類を入れて炒めます。軽く塩をふり火が通ってきたら白ワイン大3を加え、強火で水分がなくなるまで煮詰めます。そこへバジル適量と粗くつぶしたホールトマト1缶を入れてさらに煮込み、塩コショウで調味します。
別の鍋で多めの塩を加えて大きな筒状のパスタ、カネロニ12本を茹でます。ゆで上がったらカネロニと他の具材を合わせ、薄くバターを塗ったグラタン皿に取り分けて、上から市販のホワイトソースをかけます。その上からとろけるチーズをのせて、オーブンで焼き色がつくまで焼き完成です。

国産食材の「こっくさん.com」

posted by クリスマス料理レシプ 記録の細道 at 02:00| Comment(0) | クリスマス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

クリスマス料理とチーズケーキのレシピ

クリスマスシーズンになるとさまざまな種類のクリスマスケーキが店頭に並びます。生クリームのデコレーションケーキやチョコレートケーキは定番ですが、最近ではチーズケーキも人気があります。
クリスマスケーキはみんなが一番楽しみにしているものだけに、心をこめた手作りのチーズケーキを準備してはどうでしょうか?
ここではオーブンを使わず、料理が苦手な人でも簡単にできるレアチーズケーキのレシピを紹介します。
まず粉ゼラチン大1を白ワイン大3に溶かしてふやかしておきます。ボウルに卵黄1個分をほぐし、砂糖35グラムを加えます。湯線にかけて白っぽくもったりとするまで泡だて器で混ぜます。
クリームチーズ180グラムを耐熱容器に細かくちぎって入れて電子レンジで加熱します。やわらかくなったら別のボウルに入れてなめらかになるまで混ぜます。レモン汁大1.5、細かくきったパイナップル3切れ、コアントロー大1を加えます。ふやかしたゼラチンを電子レンジにかけて溶かし、卵黄を泡立てたボウルに加えてからクリームチーズのボウルと混ぜ合わせます。生クリーム200ccを7分立てに泡立てて、他の材料の入ったボウルに加えて混ぜ合わせます。それを型に流しいれて冷蔵庫で冷やし固めます。
固まったらポリシートを引っ張り上げて型から抜きます。
仕上げにひいらぎの葉やホワイトチョコレート、アラザンなどをクリスマスらしく飾って出来上がりです。ホール型に限らず四角形や半月形の型を使っても新鮮でしょう。

北海道の産直品をお取り寄せ
posted by クリスマス料理レシプ 記録の細道 at 02:00| Comment(0) | クリスマス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お豆腐
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。